ソシャゲがきっかけでFX再開に至った話をします

過去、僕は一度FXをやめています。

始めてチャレンジしたのは23歳。初めての冬ボーナスで資産運用したいと思った時のことでした。

32歳の今、再開してみました。

ちょっと稼げてます。

特に目新しい手法ではないのですが、仕事との両立が可能なスキャルピングを用いているのでよかったら読んでみてください。

FXを一度やめた理由

やめた理由は他のやめたみなさんと同じだと思います。

  • 資金が少なすぎて投資対効果が低い
  • 仕事が忙しくやる時間がない
  • 知識のないまま始め、順当に負けた
  • ビビリゆえにレバレッジをかけられなかった

普通ですよね。冬ボーナスは40万に満たなかったと思います。確か。

今思えばレバレッジをかけて取り組めば収益の望める金額でしたが、当時はとにかく駆け引きの経験値が足りなかったです。

社会人経験を重ねると、金銭的な力以外にも多くのスキルも身に付いていることがわかります。ここから紹介していきます。

再開後使っているテクニック「秒スキャ×勝率」

今、僕は一般的に「秒スキャ」と呼ばれる手法で取引をしています。

活動時間帯は昼休憩時間と、夜22時~です。

時間は特にこだわりはなく、暇なら19時でも開きますし、深夜は大体寝ます。

今のところ金額目標は定めず、「1ヶ月の勝率(日単位)」で実施しています。

勝率50%だと金額的には赤字になる可能性が高いです。

僕は勝率75%を目標に実施しています。

再開理由1.ビジネススキルの向上

いろいろありますが、最も役に立っているのは

「リスク管理」です。

お金を損する得する、スプレッド、わかっているようでほとんど頭に入っていなかったです。

会社に所属することによって売上や利益などを日常的にみるようになり、トレンドの見方が格段に頭に入りやすくなりました。

勝率の件も、「51%以上勝てば儲かる」という甘い考えでやっていましたが、数値上一旦僕は75%で実践しています。まだ未熟故負ける日も発生しますが、トータルでプラスです。

再開理由2.貯蓄

余裕を感じる男はモテる、と言われます。

28歳のころに貯蓄計画を立て、預金・投資(将来・現在)と分けていく中で、いわゆる天引き型で投資用のお金を残してきました。実際、「なくなっても死なないお金」になったので、感情的余裕ができました。これは、投資商品に取り組むにあたってかなり重要だったと今は思います。

余裕のない心境で投資に取り組むと、雑念が信じられないほど増えます。

「データではここで買うべき(だけどさっき損した分取り戻したいからもっと底で買いたい)」

「損切りラインに到達(したけど損したくないしこのあと上がるかもしれないから売らない)」

投資では、冷静に状況を見極めた人間が勝率を上げます。というか、経験談として上がりました。今の方が勝てます。それは、金銭的に余力を残しているからです。

再開理由3.ツールの進化

およそ10年前、スマートフォンはiPhone3Gが出るか出ないかの時期です。

スマホアプリはまだまだミニゲーム程度のアプリが多いくらいで、全力で株式やFXのアプリが制作されるのはまだ後の話でした。

当時深夜まで働くことはザラだったので、PCはりつきでFXを行うのは厳しかったですね。

今の僕は外出こそ多くないですが、空き時間がまちまちな仕事をしています。

PCよりもスマートフォンの方が取引に向いている時間帯がかなりあります。

最近のFXアプリではスピード注文のスリッページもほぼなく、電車の中でも取引が可能なレベルです。取引の現場が自由になったことは、副業としての価値を大きく高めたと言えます。

再開理由4.ソシャゲとの相性が抜群に良い

実は本質はココかもしれません。

僕はソーシャルゲームで無課金で最大効率をたたき出すのが好きです。

基本的にスマホを片手に活動しているので、FXもスマホでできるようになったことは非常に大きい変化でした。

ソシャゲは慣れてくると「スタミナ管理」を行います。これは時間回復するスタミナを溢れさせずに効率よく管理することです。

さらにやりこむと、そのスタミナ管理を複数のソシャゲで行います。大体各ゲームトップレベルになると12時間もしくは24時間くらいでスタミナが最大になるようにできています。

当然、いくつのソシャゲを運用していても、スタミナ切れで空き時間ができちゃうんですね。

その空き時間にFXというソシャゲをする、というような感覚で今はやっています。ゲーム感覚で実施しているメリットはかなり大きいです。

  • スタミナ管理から自分が次にFX取引をする時間が予測できる
  • ゲーム感覚なのでデータを取って自分のスタイルならどれが一番成功するか楽しく考えられる
  • 時間予測+データ蓄積で次取引での市場予測を立てやすい
  • 予測が立たなかった日は取引しない

FX市場には終わりがない(土日は休みですが)ので、やろうと思えば24時間はりつきということも可能です。ただ、それは僕の考える資産運用ではない。もはや人生を投資してしまっています。あくまで遊びながら稼げることに重きを置いた場合、この運用スタイルが非常に適していました。

このお金はなくなっても死なないので、ある程度リスクを踏まえた思考も働きます。実際、このやり方で僕は勝ち越しているんです。

おまけ:使用しているツールと口座

1.ヒロセ通商

最初資金が決して多くはなかったので、最初に作ったのがヒロセ通商さんのLIONFXのアカウントでした。1000通貨から始められるので、1万円あれば取引が始められるのが魅力です。

2.GMOクリック証券

少し軌道に乗ってきて、10,000通貨で本格的にやろうと思って作ったのがGMO。こちらはスマホアプリの性能が高く、外出時にも取引ができることからこちらを選びました。

最近は開設時のキャッシュバックが大きいので、小額からのスタートにも易しくなっています。

いかがだったでしょうか。

ちょっとソシャゲを増やすつもりでFX、やってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です