おすすめのダイエットを探す前にやるべき!カンタン生活習慣改善TOP3

自分は「太りやすい体質」と思っている方に朗報です。

普段の生活習慣の中に「太りにくくなる」共通点はあります!

「運動」「食事内容」など、努力(と感じてしまう)部分以外にフォーカスしてお伝えしていきます。

遺伝や内臓の配置など、確かに太りやすい体質は存在し、先天的でどうしようもないものもあります。

そこは本当にどうしようもないので考えないようにしましょう。無駄なストレスです。

今から書くのは、たまたま周囲に太っている人が多いブロガーkikimiが、なぜ彼らは太ってしまったか。一方で太らない人たちはなぜ太らないのか。

想像以上に共通点を見つけました!

極力頑張らずに体質改善し、そこから先の努力はスリムアップにつながる!

そんな生活習慣をご紹介します!

はじめに

太らない、もしくは痩せるにあたり影響度が高いのは間違いなく

「運動」「食事内容」

の2つです。

続けられるならもうやってんだよ。と思いましたね。

この2つは短期的にやってもムダなこともあり、痩せたいのに痩せられない側からすれば「ハイコストハイリターン」です。

出来る人は絶対にやったほうがいいんですこの2つ。僕は食事制限が特に苦手なので、炭水化物ダイエットやグルテンフリーみたいなのはできません。

僕が紹介するのは「超ローコストローリターン」の習慣です。

人によってはそれすら努力に感じるかもしれません。ただ…さすがに何もやらずに痩せるはムシがよすぎるので、そういう人たちは置いていきますね。

それでは早速まいりましょう。

ちゃんと対象の前まで行く

1つ目は「ちゃんと対象の前まで行く」です。

僕が発見した太っている人の共通点その1です

席から立たない。

些細!と思ったかもしれません。ですが重要な共通点だったんです。

なぜ立たないのかちゃんと理由がありました。

膝への負担がすごい。

これ、太っていない人には理解できないんです。自重によるものなので、彼らは負担を感じずやすやすと立ち上がります。

立ち上がるという行為ですが、割とカロリーを消費します。易しめのスクワットをしてるような感じです。

立ち上がる行為をちゃんとやるかやらないかで、年単位で言うと10000回以上差が出ます。

スクワット1万回分の差があるなら、今の体型差にも納得せざるを得ない気がしてきます。

学校や職場、家で名前を呼ばれた時に立って相手の場所に行く。
ゴミを捨てる時ゴミ箱の前まで行く。
誰かに物を取ってもらわず自分で取る。
物を落としたらキッチリしゃがんで取る。

これらをちゃんとやるだけ!これならできる気がしませんか?もし人の落とし物までしゃがんで取ってあげたらちょっと良い人っぽくないですか?

実践あるのみです!

負担がヤバい時

当たり前ですが、最初慣れるまでは「使ってなかった筋肉を使う」行為なので、場合によっては筋肉痛・膝の関節痛を伴います。

そういった場合はサポートアイテムに頼って少しずつ始めていくのが良いです。


keciepo 2018第六代座布団 高反発 クッション 腰楽クッション 体圧分散 骨盤サポート 座り心地抜群 自宅用 オフィス 椅子用 車用 ブラック

高反発クッションは座り心地に賛否ありますが、今我々が悩んでいるのは「いかに楽して太りにくくなるか」です。

実際クッションないよりは心地よいですし、腰の矯正にも良いらしいです。が、この際副次効果は気にせず初期投資として買ってしまうのもアリです。

満腹を目指さない

2つ目は「満腹を目指さない」です。

太っている人の共通点その2です

おなかいっぱいになるのが当たり前だと思っている。

普通体型の人たち…実は毎日腹8分目でした。

食については個人差がありましたが、共通点レベルで言えそうだったのは

  • 普通体型の人は決まった時間にご飯を食べるが、量はその時の気分で調整する
  • 太っている人は食事時間はやや不規則なことがあるが、必ず満腹まで食べる

ということは毎日2分目以上、さらに満腹になると胃は入りきらない量を認識し拡張するので、キャパシティが広がっていき信じられないくらいの差が生まれるわけです。

こんなの意識して調査でもしない限りわかんないですよね…今回調べてみてよかったです。量に満足するのは燃焼率の高い学生くらいまでってことですね。

好きに食べる頻度について見直す

3つ目は「好きに食べる頻度について見直す」

また食べもんかいって話ですが共通点その3です

全員に共通して好きな食べ物は高カロリー傾向だった。だが、それを食べる頻度は普通体型が月1、太っている人が週2~3だった。

補足…が必要かどうかわかりませんが、太っている人は「欲望に負けすぎ!」ということになりました。

好きな食べ物っていうのはホントによくある「カレー」「ラーメン」「ハンバーグ」「からあげ」みたいなのばっかりでした。

太ってないから野菜が大好き!とかじゃなさそうです。

まとめ

もうお気づきかと思いますが、

結局「運動」と「食事内容」です。

ただ、「立って相手の前に行く」「満腹を目指さない」「好きなもの月1程度にする」って本当の本当に運動、食事制限でしょうか…?

 

ザックリ言うと「太ってる人は欲望のままに生きすぎ!極端に楽しようとしすぎ!」という結果になりました。

普通体型の人と比べて1年で、

スクワット1万回、腹730分目、高カロリー食摂取頻度最大12倍

上記に相当する差が出ている可能性があります。(腹730分目ってなんのことだかわかりませんが)

つまり、普段の習慣の違いだけで、これだけの差がついてしまうのです。

実際にこれを調査した後、自分でこれらを実践したからこそ言いますが、

1ヶ月継続出来たらあとは慣れです。この習慣たちは身に付きます。

最初だけやっぱりつらかったです。

満腹の快感、朝菓子パン昼カップラーメンとコンビニ弁当夜はラーメン、みたいな生活が当たり前だったので最初は足りない感強かったですが、こんなやり方で乗り切りました。

  • 立ち上がるたびに僕は理想に近づいている。と自分に言い聞かせる
  • 普通体型のやつらは腹8分目で幸せになれるエコなやつらで、僕もそうなりたい
  • 月1回決めた日(僕は給料日でした)に好きなもの好きなだけ食べていい

目標の立て方には別途うまくいくコツがあるんですが、「とにかく前向き」に設定することです。

「〇〇しない」系の目標は達成しても幸福感薄いし、未達の時のショックがデカすぎます。

あと、自分の現在地を間違えないようにこれを買いました。


タニタ 体重計 デジタル ホワイト HD-661 WH 乗るだけで電源オン

もう、自分の体重がわかる以外の機能一切ないやつです。これで良い。体脂肪とかよくわかんないので。

クッションと合わせて¥5000円くらい…まあ許せるかな、くらいの感じです。

 

今、僕の体重は180cm 70kgと、比較的普通になってきました。

それでもお腹出てます。モデルとか俳優ってほんとすごいですね。

そこまででなくてもいいので普通体型。

無理なく続けられるところから変えていってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です