マンガ編集者になるには、生き様、年収など

僕は「マンガ編集者」をやったことがあります。マンガを読むこと自体が好きな僕にとっては、今でも一番続けたい職業の1つです。

ただ、残業したくないとか会社所属意識が強すぎる感性の人は一生ヒット作を作れないと思います。

今後、今あるマンガ編集者という職業とはやや様相が違っていくと僕は予想しているのでそれも書いていきます。

マンガ編集者の年収

マンガ編集者の年収平均は、

412万(転職会議調べ)です。

僕の実年収は

450~550万でした。

知り合いの編集者に900万がいるのもあって、上はかなり高い業界です。フリーだと1000万以上が多数います。

編集プロダクション、いわゆる編プロという存在も増えてきているので、働き方もどんどん変わってきています。

この業種、お金だけでやってる人はかなり少ないと思います。以下で説明していきます。

マンガ編集者の業務

編集者、と名がついていますが、業務は多岐にわたります。

まず、マンガ編集者の2大タスクは「新規立ち上げ」と「連載作品運用」です。

基本的には「マンガを漫画家さんと共につくりあげること」で間違いないのですが、作業の種類がめちゃくちゃ多いです。

新規立ち上げ

新規立ち上げとは、新連載を作ることです。

新連載を作るには、連載する漫画家さんがいて、連載する場所があって、そこに掲載するだけのクオリティを要します。

漫画家さんと出会う場所は持ち込みだったり出張編集部、漫画賞投稿作品など多いです。僕がいたところではwebでのスカウトが盛り上がっていました。

声をかけた時点で漫画家さんはまだ「商業連載未経験」であることが多いです。

大手雑誌だと漫画賞受賞から連載まで平均2~3年かかるとされています。

その間編集は何をしているのか。

ひたすら漫画家さんと打ち合わせをし、マンガのレベルを上げています。

言うまでもなく最も努力しているのは漫画家さん本人ですが、編集者もヒット作を出したい、自分の給料を上げたいなど様々な想いをもって作品レベル向上に取り組みます。

自分の人生かけられる漫画家さんを探す能力、まだ業界を知らない漫画家さんを育て上げる能力、その人に合った作風を流行に乗せる手腕などを求められます。

連載作品運用

もう1つの重要なタスクはマンガの二次展開を含めたプロモーション実施です。

大手出版社さんになればなるほど分業化は進み、単行本チーム・電子書籍・グッズ…とどんどん関係者は増えていきますが、社内で漫画家さんと直接やりとりするのはほぼ編集だけです。

新規立ち上げの出会いから最も信頼関係が築かれていて、全体像を把握しているのは編集者なのです。

どんなに担当マンガが売れても自分の名前は表に出づらいですが、編集者はいわば作品の営業マンに近い存在といえるでしょう。

掲載媒体のイベント開催や、漫画賞の運用なども編集者が行います。

マンガを作るだけではない、エンターテイメントを組み立てる仕事であることが伝わっていると幸いです。

マンガ編集者への就職方法

FindJob!

僕はサイト経由でエントリーしました。大手さんも地味に募集をかけていることがあります。

マンガ編集者という職業はかなり就職ハードルが高いです。

特定の有利スキルがあればいいのかもしれませんが、少ないorないです。

ただ、他業種からの転職については可能と思われます。

目指す方の為に、多少厳しめですがスキルについても記載します。

マンガ編集者に有利・不利なスキル

【これがあれば有利】

  • マーケットの先を読む力
  • マーケットの先を作る力
  • ストーリー構成力

【これがないと不利】

  • コミュニケーション能力

まず、マンガをたくさん読んでいるということは必須スキルにありません。

キャラクタービジネス業界として、市場理解や流行把握に最低限読んでいる必要はあります。この時点で「マンガが好きだから」だけではマンガ編集者になれないことは理解いただけると思います。

一方で、流行りを察知する能力が高い人、感性豊かな存在は重宝される傾向にあります。

ヨーロッパで金融商品を取り扱っていたエリート証券マンが編集として採用されたという話も聞いたことがあります。

エンターテイメントを作るうえで最重要のスキルは「新ニーズの醸成」です。多くの人の心を動かすことができれば〇です。

また、コミュニケーションスキルが重要になるのは、漫画家さんとの会話に尽きます。

編集者は役割としてコンテンツメイカーである漫画家さんのサポートになるので、意思疎通がうまくはかれないとせっかくの漫画家さんの能力が全く活かせないということも起きえます。

マンガ編集者のキャリアステップ

あくまでビジネスマンゆえに、マンガ編集者のキャリアアップは売上・部数などの数値で評価されることがほとんどです。

そして、評価されるとチーフ・副編集長・編集長と管理者よりのポジションとなっていきます。

ここは難しいところで、携わったマンガが売れれば売れるほど、マンガづくりから離れて管理者業務が増えます。

管理業務は必ず誰かが行うべきですが、どうしてもそれをやりたくない場合は経験を積んだのちにフリーランス・編プロなどでマンガをつくることを重視したキャリアに転向する選択肢もあります。

休日・勤務の流れ

休日は基本カレンダー通りです。

が。

漫画家さん次第だと思います。

経験談でいいますと、土曜の夜から打合せ、深夜3時から打合せ、余裕であります。クリエイティブな仕事が夜に捗るのは理解できるし、何より漫画家さんがあっての編集者なので、相手のパフォーマンスが最大の時に対応することは必然かもしれません。

出社については僕の調査では完全に会社に依るのでご自身で調べることをオススメします。

やりがい

このページをこんな下までご覧いただいている人からすれば、やりがいしかないと思います。

漫画家さんと作り上げたマンガが世に出て感想をもらえる瞬間は最高です。

自分と相性の良い漫画家さんと出会えてしまえば、深夜打合せも徹夜も怖くないと思えるくらいのめりこめる仕事です。

おわりに

編集者も基本的な就職活動としては同様で、何かしら秀でたスキルと個性で勝負することにはなります。

マンガ雑誌の部数減が続いており、数年内にアプリメインの市場になることは避けられないでしょう。(雑誌は当然残ります。が、関係する業務は効率化の一途を辿ります。)

アプリマンガはある種紙の常識を超えることができます。ただ伝統的なマンガにこだわりすぎることなく新しいエンターテイメントを模索することこそが、今後のマンガ編集者に必要なスキルです。

着々と地力をつけているマンガアプリはこちらで紹介しているのでぜひ見てみてください。

ぜひ迷ったら変化の大きい方を選んでみてください。

大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

FindJob!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です